エスペラ/ビカル&アリント2020 (白)

価格: ¥3,700 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり
twitter

品種:ビカル アリント  
産地:ポルトガル リスボン
エスペラは「待つ」という意味を持つ名前のワイナリー。ポルトガル、リスボンのアルコバサで畑を取得しスタートしました。畑での葡萄の熟度、リリースの時期など、時には我慢強く待つことを大事にしています。 トロピカルな香りをもつビカル、すっきりとした酸味を持つアリントの両方の良さを表現したエレガントな白ワインを届けてくれました。 しっかり冷やしてゴクゴク飲むのもよし、熟成を待ってから飲むのもよし。もちろん僕は待てません!(藤井)

<輸入元様資料より>


esperaのRodrigo Martinsは、ポルトガル、リスボンのアルコバサでブドウ栽培とワイン醸造の修士号(リスボン大学)を取得した後、2007年にワインメーカーとしての道を進み始めます。 2009年にはポルトガルの様々なワイン産地でコンサルティングワインメーカーとして働き始め、イタリアやブラジルで経験を積み、2009年から2014年まで、様々なワイン産地(ドウロ、リスボア、テージョ、セトゥーバル、アレンテージョ)の企業で、異なるスタイルのワインをつくりあげてきました。 そして2014年。アルコバサにある2つの異なるブドウ畑の手入れをする機会を得たことからespera winesのプロジェクトが始まります。 大西洋の気候と粘土石灰質の土壌などのブドウ畑の自然条件を反映した、自然なワインを造ることを目標に掲げ、彼自身が飲みたいと思うワインを作るために、売上を気にすることなく、常に自然を尊重することを目的とし、醸造時にも化学物は一切使用せず、瓶詰め前に少量の硫黄を使用するだけの、テロワール重視のワインを造っています。 現在は、アルコバサに4つ、そして彼が生まれ育ったオビドスに2つ、計6つの畑を運営し、ブドウ品種が持つキャラクターの完璧な表現を実現したいと考えています。 Espera=“待つ”ということ。 彼らの最初のヴィンテージは2014年でしたが、ワインを販売し始めたのは2018年末でした。 来年の剪定のことを考えて剪定の際にブドウの木に残した小さな枝のように、ワインを市場に出すまでに急がず、プレッシャーをかけず、必要な時間をしっかりかけてあげる。フレッシュかつフルーティーなのに飲みやすいだけではないエレガントさは、彼のこれまでの経験あっての味わいです。

カレンダー
  • 今日
  • 発送・お問い合わせ
  • お正月休み

※当店では、実店舗と在庫を共有しております。
在庫ありと表示された商品についても、まれに入荷待ち・もしくは完売となることもございます。商品の在庫を確認後にあらためてご注文確定メールにてご連絡させていただいております。

FUJIMARUワインコラム

商品カテゴリ

会員登録につきまして

ご来店ありがとうございます。
ワインショップ FUJIMARU へようこそ。

ご購入の際は、是非、当オンラインショップへの会員登録をおすすめいたします。
次回以降は住所入力等がスムーズに行えます他、会員様限定商品や、お得なイベントをメールマガジンにて先行してお知らせさせてただきますので、どうぞご利用ください。

ご登録は当ページ「ログイン/ワインショップFUJIMARU会員登録」から行っていただけます。

※メールマガジンの登録方法ですが「ログイン・会員登録」から配信手続きする方法と、↓のページから配信手続きする二通りの方法がございます。二通以上届く、あるいは停止したのに届くという場合は二重登録あるいはどちらかが登録されたままになっている可能性がございます。ご不明な点はお気軽にお問合せください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ