ブドウ栽培からワイン醸造、ワインの販売、レストランでのワインサービス、ワインスクールでの講師などワインにまつわることはすべて行っている株式会社パピーユが運営するオンラインショップです。※飲食店様からのお問合せも大歓迎です。(06-6616-9343)

カトリーヌ ブルトン/NVエポールジュテ ヴーヴレ ブリュット(泡)

価格: ¥2,980 (税込)
数量:
twitter

瑞々しいシュナンブランの果実味弾ける軽快な泡。「ナチュラル」ヴァン・ナチュールでお馴染みの画家「ミッシェル・トルメ」の絵をエチケットに採用したエポール・ジュテ・シリーズは毎年、最も軽く気軽に飲める状態のワインを選んでボトリングするので毎年異なった畑の葡萄が使われます。共通するのは開けてすぐ楽しめて、難しくない、楽しいワインであること!

<輸入元様資料より>

ロワールの自然農法はここから始まった
マルセル・ラピエールに影響を受け、80年代よりビオロジックを導入。青さのないカベルネ・フラン。セニエによる「ア ヴィ・ド・ヴァン・フォール」やセミ・マセラシオン・カルボニックの「トリンチ」でこのブルグイユを変えた。

ロワール自然農法の父
「ピエール・ブルトン」は大学卒業後、1985年に地元ブルグイユにドメーヌを設立。妻の「カトリーヌ」と 2人で運営している。設立当初は化学薬品の最盛期であり、政府や大学も薬品を推奨していた。

『そんな時、マルセル・ラピエールに出会った。マルセルのワイン造りは何もかも違った。栽培も醸造も。そして思想も。勿論ワインも』
当時のブルグイユは農薬使用が当たり前の大量生産の産地だった。勿論、有機栽培の導入は皆反対したが、「ピエール」に迷いはなかった。1994 年にはエコセールの認証を取得。畑で使用するのは基本的にコンポストのみ。化学肥料や除草剤は一切使用しない。

『ロワールは湿気が多いので他の産地以上に葡萄樹を観察し、自然の声に耳を傾けなければならない。葡萄樹と共に経験することが重要』
葡萄の樹勢は地形を考えながら除葉で光合成の量を調整することでコントロール。夏場には雑草を畑に残し地中の水分量を適正に保っている。1990 年ビオディナミ移行を完了した。

『土壌はどこにでもある。必要なのは活性化した土壌だ。農薬で微生物を殺してはいけない。微生物が増え、ミミズが空気と窒素を運び、下草が発酵し土に戻る。活性化した自然の循環だ』
活性化した土壌に育つ葡萄でなければ区画の特徴をワインに表現することはできない。

店長紹介

ご来店ありがとうございます。
ワインショップFUJIMARUが運営するネットショップ「CLUB PAPILLES」です。
なかなか大阪までお越しいただけない皆様にも、FUJIMARUセレクトのワインをお楽しみいただけます。

会員登録をおすすめいたします。
次回以降住所の入力等がスムーズに行えます。
会員様限定商品やお得なイベントをメールマガジンで先行してご案内するなど、いろいろな特典がございます。
どうぞご利用ください。
「ログイン・会員登録」からお願いいたします。

※メールマガジンの登録方法ですが「ログイン・会員登録」から配信手続きする方法と、↓のページから配信手続きする二通りの方法がございます。二通以上届く、あるいは停止したのに届くという場合は二重登録あるいはどちらかが登録されたままになっている可能性がございます。ご不明な点はお気軽にお問合せください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ